韓国映画 ♪フライダディ

ここでは、韓国映画 ♪フライダディ に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フライ・ダディ・フライ

監 督 : チェ・ゾンテ
出 演 : イ・ジュンギ、イ・ムンシク



金城 一紀さん原作、日本でも岡田准一さんと堤真一さんで映画化
されていた、フライ・ダディ・フライ

韓国版ではイ・ジュンギさんと、チェオクの剣にでていたイ・ムンシク
さんが出演。





フライ,ダディ,フライ フライ,ダディ,フライ
金城 一紀 (2003/02)
講談社

この商品の詳細を見る


マイホームパパ、ガピル(あだ名 チャンガ)は優しいけど少し頼りない感じ。
ある日、娘が誰かに殴られて入院。権力者の息子だと言うことで
どっちが、被害者だかわからない応対に腹を立てるが、
気が弱く、太刀打ち出来なかったのね!娘は、心にも傷を受けて
腹立ち紛れに、娘の行動を中傷してしまったガピルに心を閉ざしてしまったの。
ガピルは、ナイフを持って高校へ行ったんだけど、敵にたどり着く
前に、喧嘩がめっぽう強いスンソクにナイフを取られてしまいます。

そこから、スンソクとガピルの修行が始まるの。
娘を傷つけた相手を同じようにぼこぼこにしてやりたいと言う父の願いを、最初は嫌がっていたスンソクが引き受けたのね!

スンソクは、中学生の時、喧嘩で怪我をして入院していた。
怖くて、別れた父が来るのを待っていたけど、父はこなかった。
だから、チャンガに強い父になって、子供を迎えに行って欲しいと
思っていた。。。

スンソクは厳しくチャンガを鍛えます。


一番、びっくり~は、イ・ムンシクさんの体の変化。

最初は、いらないものそぎ落とすことだって・・・フムフム。。
それから、筋肉をつけていく!

初め、体重や体脂肪を計っている時に、私は反応!体脂肪32だったっけ?

そして、走っている姿に、ああ、わかる!体、重そう!よく頑張るね!

南山の階段登るの?腹筋出来ないじゃん!

おじさん、筋肉痛で歩くの辛そう~!(笑い)

バスと競争してどうするんだ!!!

みるみる、反射神経はよくなるし、バスよりも速く走って???

お顔も引き締まり、腹筋割れてるよ~!

衝撃的です!すごい~!はじめ、お腹、ぶよぶよじゃなかったっけ???

それで、体を鍛えようって思っちゃったわけ・私(???)

自分の体をこれだけ映画の為にコントロールできるなんて、

むっちゃ、すごい!

後から考えて、合成かしら???と思ったりもしたくらい^^;



イ・ムンシクさん、フライ・ダディとマパド2の撮影を経て

映画「怒ったペンギン」に出演するまでに、17キロ減量したそうです。









笑ったり、泣いたり、高校生との関わりの中でチャンガ(ガピル)が
見事、体を鍛え上げていきます。

そして、いよいよ決戦!
ボクシングチャンピョンである犯人との
闘いに挑み、ぼこぼこになりながらも、何度も起き上がり、
最後は・・・・・・

ここに至るまでにはスンソクと友達たちが
いろいろ、下準備をしてくれていたんです。
チャンガの家族にもいろんな、配慮をしていた。。。
娘も、闘いから帰るパパを待ってて退院できました。


心温まる、お話で、私は好きです。。。
イ・ジュンギssiの男らしいクールな高校生もよかったね。
高校生にしては、チャンガより、大人っぽい~って思ったけどね!



フライダディ・フライ公式サイト

fc2韓国ドラマblog 人気テレビドラマブログ

楽天トラベル

topへ

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。