カン・ドンゥオン ♪♪♪

ここでは、カン・ドンゥオン ♪♪♪ に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「私たちの幸せな時間」映画と小説

私たちの幸せな時間 私たちの幸せな時間
孔 枝泳 (2007/05)
新潮社

この商品の詳細を見る



映画を見て、小説を読みました。

どちらも非常によかったです。 







ほんとに、題材が重く、死刑制度と言うものを真剣に考えたことが

なかった私には、衝撃的でした。

犯罪者、被害者や被害者の家族、そして見守る人達、すべての立場から

の死刑執行までの心情がリアルに描かれています。


作家 孔 枝泳さんの作品を完成させるまでの苦悩なども、書かれてありました。

被害者は、勿論、気の毒であり、その運命にはなんとも言いようがない悲しみがあります。

でも、加害者にも、巡り合わせの悪さや、環境など、事件に至るまでには
それなりの経緯があるってこと~!誰もが生まれたときには、可愛い赤ちゃん
であり、凶悪な殺人犯になろうとして生まれた訳ではないんですから・・・


そして、罪を悔い、改心した時に、死刑は執行される。


改めて、死刑制度に反対してみえる方たちの気持ちが見えてきました。


映画と小説の中は少し違っているような部分もありましたが、
映画の中で詳しく描かれていなかった所も、この小説を読んで
ああ~って納得!又小説を読んでいて、映画のシーンが頭に
浮かんでくるので、す~っと小説に入り込める部分もかなり
ありました。




カン・ドンウォンさんとイ・ナヨンさんのお顔を思い浮かべながら
小説が読めるので、これも又より感動しますね!

カトリックの学校に通っている娘が、読書感想文を書かなくてはいけない
けど、なんにしよう?って言ったから、思わずこれにしなさい!って
薦めたほどです。


朝鮮日報「私たちの幸せな時間」

私たちの幸せな時間公式サイト上映劇場

私たちの幸せな時間 / 孔 枝泳

 人気テレビドラマブログ



スポンサーサイト
私たちの幸せな時間


2007年7月公開予定
翻訳本、5月発売



カン・ドンウォン、イ・ナヨン主演の韓国映画
私たちの幸せな時間



映画公開に先駆け、翻訳本が発売されています。

孔 枝泳さんの文章力で、おもしろくない話題もおもしろくなるとか~。

買わなくちゃと思ってて、すっかり、忘れてました^^;

5月発売だったんですね。。。早速注文します。。。

訳、蓮池薫さんなんだ!

蓮池由美子さんも、韓国ドラマの紹介文をかかれていたような気がしますが、

こういったお仕事もしてみえるんですね!



私たちの幸せな時間 私たちの幸せな時間
孔 枝泳 (2007/05)
新潮社

この商品の詳細を見る









久々に、ドンチャン見ました。

感動しました。面白くない話題もおもしろく読ませる文章力の作家だそうですが、

映画もまさしく、そのもの!監獄の中の面会する場所でしか

会わない二人なんです。

会話もそんなに沢山あるわけではない。↓



kann11.jpg



それなのに、無茶苦茶、引き込まれます。。。

二人の暗い過去、人生を捨てて生きているのに、

死ぬのを何とも思っていない~

それどころか早く死にたいと思っていた二人なのに・・・

いつか、死ぬのが怖くなってきた死刑囚。。。

会える日が楽しみで、今まで生きてきた中で、この監獄の中での

生活が一番幸せだと・・・


ネタバレになってしまいますが、

最後は、とても残酷で、リアルなんです、

食事をしている時に、面会だと呼ばれるんですね~!

そんなはずはないと笑っていたのに、執行されると気がつくと

むせてしまった。。。笑って死ぬかと思った。。。って言うの。



何とも言えない気まずさ。。。これ一番印象に残っています。

時間を感じさせない映画で、びっくりしました。。。

カン・ドンウォンssiもイ・ナヨンさんもとても表現力あります



王の男の悲しさは、難しくて、わからなかったけど、

この私たちの幸せな時間は、何故、悲しいのか、何故嬉しいのかが、

明確なので、誰でも感動出来る作品だと思います。



朝鮮日報「私たちの幸せな時間」

私たちの幸せな時間公式サイト上映劇場

私たちの幸せな時間 / 孔 枝泳


fc2韓国ドラマblog 人気テレビドラマブログ





楽天トラベル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。